中村が歩き方を意識したきっかけ2 右股関節の痛みからの復帰 足首専門の整体院 独自の関節矯正とウォーキングメソッド

VCL/JAM

080-5684-3535

東京都港区海岸3-2-9

営業時間 / 9:00~23:00 日曜8:00~18:00

トレーニングジムVCL

中村が歩き方を意識したきっかけ2 右股関節の痛みからの復帰 足首専門の整体院 独自の関節矯正とウォーキングメソッド

メンテナンス

2019/09/14 中村が歩き方を意識したきっかけ2 右股関節の痛みからの復帰 足首専門の整体院 独自の関節矯正とウォーキングメソッド

img_7385

前回の続き

見てくれている方がいるかは

分かりませんが(笑)

身体の不調が原因でクビにされかねないと

焦った私は

なんとか身体を治そうと試みます

まずそれが歩き方でした

当時は姿勢が悪く、患者様からも

もっと胸を張って歩けと

言われるくらいでした・・・

また当時の後輩スタッフにも

歩き方が気持ち悪いとか

上司にはもっと

ガニ股で歩けとか言われてました(笑)

当時を思うとそれもおかしい話ですね

とにかく腰も痛いのですが

股関節がどうにかならないものかと

悩んだ結果

まず足指を握ってあるけば

痛みが抑えられることに気づきました

何も気にしないで歩くと

右股関節が

コツンッコツンッ

と音を立てて動いていたのが

完ぺきではありませんが

音が少し小さくなったのです

音が小さくなると同時に

普段より長く歩いても痛みが

少し和らいでいたのも発見しました

それからというもの

なるべく足指を握るように歩きました

そうなるといつの間にか

右股関節の痛みが和らいで

出なくなっていました。

今思うと、相当股関節が内旋し

大転子と大腿筋膜張筋がこすれ

いわゆる弾発股になっていたんだと

思います。

まだまだ序章ですが

まず初めのきっかけは

股関節の痛みから足指への意識が

芽生えました。

どこに体重をかければ

どんな風に歩けば痛みが出ないのか

当時誰も知らなかった

教えてくれなかったので

非常に悩んでおりましたが

少し突破口が見つかった気分でした。

右の足裏をよく痙攣していたので

おそらく偏平足で

足首が傾き膝は内向き

股関節な内旋していたんだと

それが足指を握る事で

股関節の内旋を予防し

痛みの緩和につながったんだと

今でも思います。

また次回へ・・・(^^)/

 

 

VCL/JAM

電話番号:080-5684-3535
メール :vcl0515@gmail.com
LINE@:ijr0401o
住所 〒108-0022
東京都港区海岸3-2-9
営業時間
平日・土:9:00〜23:00
日 :8:00~18:00
完全予約制となります。

TOP