歩き方に悩まれている方

VCL/JAM

080-5684-3535

東京都港区芝4-7-6芝ビルディング907

営業時間 / 9:00~23:00 日曜8:00~18:00

トレーニングジムVCL

歩き方に悩まれている方

歩き方で起こる
あらゆる不具合の原因

img_6201

日常の歩き方によっておこる
身体の捻じれ方

1.歩くときに拇趾球、足裏内側に体重が強くかかる

2.アーチが潰れて足裏が固くなり足首が固くなる

3.足首が固くなると足指が固まってくる

4.足指が固まると脛の筋肉、ふくらはぎの筋肉が緊張する

5.重心が内側に強く乗る事で膝が内側を向く歩き方になる

6.膝が内側向くと股関節も捻じれ太ももの筋肉が緊張する

7.股関節の捻じれは反り腰の原因となり背中が固くなる

腹圧が抜けると前方重心になり指先重心、内側に体重が乗り偏平足になり、偏平足になると足先が外側を向き、重心が内側に更に乗りやすくなる。内側に重心がのると膝関節が内旋し膝関節が内旋すると股関節も内旋する。足首が内重心になると偏平足になり、後脛骨筋が緊張する。膝関節が内旋すると膝の裏(腓腹筋、鵞足部)が緊張し膝内側が突き出てくる。膝関節が内旋すると、太もも外側が伸長し、負担が増え固く太くなってくる。内転筋は短縮、収縮し機能しなくなる(薄筋)。大殿筋、大腿筋膜張筋などの筋肉は伸長され緊張し腸脛靭帯に負担もきます。腸脛靭帯の緊張から大腿四頭筋外側にも負担が起き緊張、膝のお皿の動きが悪くなる。膝のお皿が悪くなると膝の伸展動作の際、正常なアライメントで伸展が出来ず、伸展の際内旋が入りやすくなり内側に負担が起きやすい膝の動きになる。膝が内旋すると脛下の骨(脛骨、腓骨)も内旋が起き前傾骨筋、総指伸筋が緊張し足趾の動きを悪くし、足趾が曲がらなくなる。(浮き足の原因)前傾骨筋、総指伸筋が緊張し足指の動きが悪くなると足首、足背のつまりが生じ足首が動かなくなる。

このように脚の使い方がままならなと、脚の捻じれ(ガニ股、X脚、O脚)の原因になります。

TOP